Windows8.1本来の使い方

 「Windows8.1らしく使う」というのは、Windows8.1本来の使い方ということで、スタートメニューからの使い方をすることです。しかし、スタートメニューを飛ばして、デスクトップから起動させることで、本来の使い方はしなくなってしまうと思います。スタートメニューには、いわゆるアプリの起動ボタンが優先的に並び、タブレットではこちらのほうが使いやすいはずです。でも、デスクトップでも、スタートメニューからアプリを起動したり、ストアから新しいアプリを購入してインストールする使い方も、覚えることが、Windows8をより便利に使うことになります。

1.スタート画面では、ソフトとアプリと2種類のプログラムが選べる

  本来は、ここからスタートするのですが、デスクトップからこちらに移動するには、操作が必要です。従来は、あの「チャーム」という画面を右から出して、ここの旗マークのボタンをクリックするのですが、キィボードのウインドウキィでも良いし、8.1ではタスクバーに追加された新スタートボタンのクリックでも進めます。

 これをクリックすると、スタートメニューに切り替わります。

このスタート画面が分かりにくいのは、ここにはアプリとソフトと2種類のプログラムのアイコンがあり、アプリを起動した場合は、タブレット画面のまま全画面で起動し、ソフトを起動した場合は、いったんデスクトップに戻ってソフトが起動されます。どれがアプリで、どれがソフトか分からないのです。

デスクトップのソフトは、デスクトップに移動して開かれるので、従来と同じ使い方ですが、アプリを起動させた場合は、従来と全く違う世界が開かれます。

多分、ノートやデスクトップでWindows8.1を使う人は、半数以上がアプリを使うことなく、スタートメニューを見ることもなく、Windows8.1を使うことになると思います。しかし、使っているうちに、思いがけずアプリが起動することもあるのです。

そんなとき、スタート画面やアプリの使い方を知らないと、別世界から戻れずにパニックになってしまいます。

2.別世界から、デスクトップ世界に戻るには

 デスクトップを起動した直後は、デスクトップのタスクバーがスタート画面に残っています。これは、8.1で新しく追加された機能です。ここでもう一度、スタートボタンをクリックすれば、デスクトップに戻れます。しかし、これはすぐに消えてしまうので、あまり意味がないと思います。

 移動は、8.1で若干改良されました。スタートメニューが開いている場合は、デスクトップボタンがあるので、これをクリックすればいいのですが、アプリが全画面で起動していると、どこをクリックすれば良いのか分からなくなります。以後は、必須アプリ(最低限使ってほしい)の「メール」を例にします。
この設定は、別途紹介します。


基本は、画面左コーナーにマウスを持っていくこと(チャームを出すのと反対側) です。このように、小さなデスクトップ画面が出るので、これをクリックします。

3.アプリを閉じる(終了)するには

 Windowsユーザーにとって、ウインドウを閉じる=終了するという操作が、基本であり常識でした。Windowsの革新的なメリットは、マルチタスクという複数のソフトを同時に起動させることでした。そこで、Windowsを終了させずに、要らなくなったソフトを閉じるボタンで終了させる使い方が、必須の操作でした。しかし、OSの進歩で、複数のアプリを起動させることは普通になり、いったん起動させたプログラムは、特に終了させなくても良いという携帯・タブレットの常識が、8.1に取り込まれたことで、アプリは終了させる必要が無い、ということが常識になりつつあります。でも、iPhoneもAndroidも現実には、不要なアプリを終了させておくことは、メインテナンスとして必要な操作です。スマホやタブレットユーザーは、起動したものを全く閉じることなく使う人も多いです。その方が早いかもしれませんが、バッテリーやメモリーを無駄に食って、そのうちハングアップして再起動という使い方は、windowsユーザーには許せませんね。

アプリの終了は、iPhoneやAndroidのような裏技的な操作で行うのが基本です。開いた状態で終了はできないので、別のソフトに移動します。例えば、デスクトップを開きます。左上のコーナーにマウスを置くと、開いているアプリが小さく出ます。
これを画面下までドラッグして捨てる、というのが基本操作です。指で操作する場合は楽ですが、マウスの場合はコツが必要です。

そこで、デスクトップに戻ってアプリを終了させるには、これも8.1から改良された方法があります。

タスクバーに、アプリのボタンが表示されます。これは、ピン留めしていなくても、起動している場合に出てきます。
これを右クリックしてメニューを出すと、ここに「ウインドウを閉じる」があります。

えっ、ウインドウ?と思いますよね。アプリは、ウインドウのない全画面で起動するもののはずですが・・

8.1では、アプリにも終了ボタンが付いた!
これは驚きでした。アプリが、ウインドウになったのです。画面上にマウスを持っていくと、ウインドウ枠が出て、ここに×ボタンがあります。

しかし、デスクトップ環境で使う従来型のWindowsソフトは、32ビット仕様のものと64ビット仕様のものがあります。Windows8は、64ビットOSですが、32ビットOS用の従来ソフトも使えます。Windows7よりは32ビットソフトの実行性が高くなっているので、8では古いソフトも結構動きます。ただ、インストールする場合、32ビットと64ビットは別の場所にインストールされます。これが、3つのうちの2つです。

4.Windows8.1では、アプリの複数ウインドウ(Windows化)が強化された

 8でも、アプリの複数ウィンドウはありましたが、均等の大きさでなく片方は小さなものでした。8.1では、これが均等または自由サイズで開けるようになりました。さらに、デスクトップとアプリのマルチウインドウも可能になったのです。アプリのWindows化といえます。確かに、アプリとソフトの融合ということは必要かもしれません。しかし、アプリのショートカットをデスクトップには置けないなど、まだ垣根がとれたとは言えません。そして、中途半端な融合は、新たな使いにくさを生じさせています。

この画面は、デスクトップの左上から起動中のメールアプリを捨てようとして失敗して、両方開いてしまったものです。
協会の真ん中のマークをドラッグすることで、それぞれのウインドウのサイズを調整できます。しかし、右のデスクトップはアイコンの配置が変わってしまうなど、あまり使いやすいものではありません。
どうせなら、アプリはデスクトップ上でガジェットのように小さいウインドウで開いた方が便利だと思います。でも、どういうわけかmicrosoftはガジェットが嫌いなのです。Win坊は、時計と天気などのガジェットは、サードパーティーのソフトをインストールして表示していますが、「セキュリティ上問題がある」らしいです。

5.メールアプリの設定

作成中

Windows8.1解説  1へ  2へ  3へ 4へ   戻る