メールのバックアップの取り方

 アドレス帳や受信したメールデータは、バックアップしておけば、別のパソコンで引き継げます。以下に、OutlookExpressの場合を例に説明します。メールデータは、OutlookExpressというフォルダに、アドレス帳は***.wabというファイルに保存されています。これらの保存場所は、Windowsのバージョンや、インターネットエクスプローラーのインストールの状況によって異なります。マイコンピューターからC:ドライブを開きます。

Windows98の場合

1.C:ドライブのwindowsというフォルダを開きます。ファイルの表示をクリックし、全体を表示させます。

 

ApplicationDataを開きます。
*Favoritesフォルダは、インターネットの「お気に入り」データです。

この中の、Microsoftというフォルダを開きます。

その中に、OutlookExpressというフォルダがあります。

バックアップするときは、このフォルダを丸ごとコピーします。右クリックでコピーし、デスクトップなどに貼り付けてください。ドラッグすると、メールが使えなくなるので注意してください。

アドレス帳は、この中のAddressBookの中にあります。

OutlookExpressの中には、各種トレイごとにファイルが分かれて入っていますが、新しいパソコンにインポートするときは、これらすべてが入ったフォルダを指定するので、全部あった方が楽です。

フロッピーなどにバックアップを取るときは、入りきらないので、ファイルごとにコピーしても構いません。

WindowsMeの場合

同じく、C:ドライブのApplicationDataを開きますが、その中のIdentitiesを開きます。
さらに、その中に{数字など}の名前のフォルダがあり、これを開いてMicrosoftを開くとOutlookExpressがあります。上と同様に、これを丸ごとコピーします。

WindowsXpの場合

 C:ドライブの、Documents and Settings というフォルダを開きます。この中に、All Users や Default Users の他に、自分が登録したユーザー名のフォルダがあります。これを開いてください。

更に、その中のLocalSettingsを開き、ApplicationDataを開き、Identitiesを開き、ここから先はMeと同じです。C:から7つも奥に進んだところにあります。

 アドレス帳:

これらの途中ででてきたAddressBookのフォルダにあります。インターネットエクスプローラーのバージョンによってアイコンの図柄が異なりますが、ユーザー名.wabというファイルがアドレス帳そのものです。

 ←IE6以前   IE6以降→

.wa~ のファイルは、バックアップなので不要です。

アカウントの書き出し:

 ついでに、メールの設定も保存できます。これは、OutlookExpressのツールメニューのアカウントを開き、メールのアカウントを選んで、エクスポートを実行します。デスクトップを選んで保存すると、拡張子がiafのファイルが作られます。ここには、メールの設定に必要なサーバーやパスワードなどの情報が入っています。このファイルを取っておけば、新しいパソコンにメールを登録するのが簡単になります。

バックアップする前に:

 バックアップファイルのサイズを小さくするために、不要なメールなどを削除しておくのは当然ですが、削除しただけではデータは小さくなりません。OutlookExpressのファイルメニューから、フォルダ・すべてのフォルダを最適化するを実行します。これで、メールのデータベースが最適化され、無駄な領域が無くなります。

バックアップしたデータの利用

あらかじめ、バックアップしたアドレス帳(**.wab)とOutlookExpressのフォルダを、デスクトップにコピーしておきます。

 OutlookExpressを起動し、ファイルメニューを開きます。インポートを開いて選択します。アドレス帳をインポートする場合は、アドレス帳を選んで***.wabファイルの場所を指定します。

 メールデータの場合は、メッセージを選んで先に進みます。

プログラムの選択が出たら、下のようにOutlookExpress6を選びます。バージョンが5でも、6を選んでください。

次へ進み、場所の指定を「ストアディレクトリからインポートする」を選びます。

OKをクリックすれば、受信トレイ以外のものも入ります。ここで、エラーが出たときは、戻ってOutlookExpress4を選んでみてください。OutlookExpressのフォルダごとコピーし、このフォルダを指定することがポイントです。

戻る