メールの送受信の仕方    OutlookExpressはこちら

起動画面

 

 

メールを読むには

未開封のメールの送信者名または件名をWクリックします。選択しただけで、画面の下に開く方式は、メールにウイルスが添付される危険があるので、この方法で開く方が安全です。下のように、別画面で開きます。

このメールに返信するには

左上の「返信」ボタンをクリックします。これで、メール作成時に必要な「アドレス」と「件名」は、自動で入ります。そのまま本文を書けばいいので、便利です。

送受信ボタンをクリックする

送受信は、作成したメールを送信したり、新規メールを受信したりするものです。常時接続の環境で、30分おきに自動的に送受信する設定にしていなければ、手動でメールサーバーに接続しないと、書いたメールを送ることも、新規メールを受信することもできません。

新規メールの作成

「メール作成ボタン」をクリックして、作成画面に、「アドレス」「件名」「本文」の3つの情報を入力します。

アドレスは、半角の@(アットマーク)を含むものですが、正確に書かないと宛先不明で送り返されます。このとき、コンピューターが自動で送信するものは英文で書かれています。

件名は、メールのタイトルです。内容を要約した短い言葉を入れます。国内なら、日本語が使えます。件名のないメールは、受け取る側は気持ちが悪く、読む前に削除されることもあります。メールウイルスが多いので、「件名が無かったりおかしいメールは捨てる」というのが常識になっているので、必ず入力して下さい。

具体的な方法は、バージョン5の説明と共通なので、ここをクリックして参照して下さい。