セルの大きさを変更しないように

メニューへもどる


せっかく調整したセルの大きさを、入力時に誤ってドラッグし、変えてしまうことがあります。他人に入力してもらう際に、セルを保護するには、「シートの保護」というメニューがあります。しかし、ロックを掛けるのではなく、もっと手軽に保護するには、行・列番号を表示しないようにすれば良いのです。ツールメニューのオプションを開きます。

seet.gif (6994 バイト)

表示のページの、行列番号のチェックを外します。ここで、「シート見出し」のチェックも外すと、シート移動もできなくなります。この設定は、現在のブックだけの設定になります。他のエクセルファイルを開いたときには適用されません。

seet1.gif (10638 バイト)

こうすれば、シートの表示領域も増えて見やすくなります。シート見出しも隠れるので、誤って別のシートに飛ぶこともありません。


メニューへもどる