書式を使う


 エクセルを理解するポイントが、「書式」です。自動で設定され、意識されにくいですが、これが使いこなせれば、中級です。
 セルの書式を変更する

 
 書式とは、セルに入っている実際の値を、表示形式を変えて見せる設定です。文字の大きさや太字・斜体などの変更も書式といいますが、エクセルには特有の書式の概念があります。セルを選択して書式→セルを開きます。書式設定の画面には、下のように、「表示形式」・「配置」・「フォント」・「罫線」・「パターン」・「保護」などがありますが、ここでは「表示形式」という書式について説明します。書式を理解することで、エクセルの奥が見えてきます。
A1には、0.1564という小数が入っています。

小数の書式

 ここで、書式を変更して見ます。すると、A1の表示が変わります。

上は、時刻という分類の13時30分という形式にし、右はパーセンテージで小数点以下を1桁にしたものです。どちらも、A1にの値は小数の0.1564で同じです。標準にすると、その値が見えます。
時刻は、24時間を1とした小数のシリアル値で入るので、実際に3時45分と入れても、書式が自動設定されて3時45分と表示されますが、実際には小数(0.15625)が入ります。0.1564は上の表示のように、3時45分13秒ですが、秒は表示しないようになっています。

%単位の数値も、実際の値は1/100の小数が入ります。従って、掛け算の際に100で割る必要はありません。

整数の書式

 整数の書式は、代表的なものは「日付」と金額です。下の例は、どちらもセルの値は15640という整数です。

 上は、日付の分類のH13.3.14の書式(日本の年号の省略形)にしました。エクセルでは、1900年1月1日を基点とした整数で日付を表しています。この日から15640番目の日は、和暦では昭和17年10月26日です。数式バーには西暦が表示されています。

上は通貨で単位を¥にした場合です。同じ整数を、通貨の書式で表示すると、右のように3桁区切りのカンマが自動で入ります。この書式ではマイナスは赤文字で表示されます。

その他の書式

書式のその他には、日本語の書式があります。

半角で入力しても、数字などを全角や、漢数字に変更できます。

住所録の印刷などには便利です。

書式を使いこなす(セルの値をクリアしても書式は消えない)

書式は、自動で設定されるので、始めから日付の書式で入力すれば、そのシリアル値の整数が入ります。また、後から書式を設定しても、単位は自動で入ります。下の例です。数式の中にセルの座標を入れれば、そのセルの数量が代入された式になります。また、自動で設定された書式も、標準に設定しなおさない限り、セルの値をクリアしても書式は消えません。いったん日付を入力したセルは、整数を入れても日付の書式で表示されます。自動で設定された書式を、書式→セルで手動で標準に戻してください。ユーザー書式を選ぶと、書式の独特の書き方(定義の仕方)が見えます。

戻る