トラブル対処法


ExcelVBAを使っていると、いろいろな裏技に出会います。ここでは、それらを忘れないようにまとめてみました。
Win坊が使って、忘れないようにメモしたものです。マクロは奥が深く、日々勉強ですね(日々忘れるので・・)。

「数字を入れたのに、日付になる」・「小数を含む数値を入れたのに、整数になる」など、セルの表示のトラブルは、セルに設定された「書式」によるものが殆どです。セルの値をクリアしても、書式の設定は残ります

書式・セルのメニューを開いて、必要な書式に直します。
このメニューは、excel2007以降、大変面倒な場所に移されました。

エクセルの関数の中で、標準では使えないものがあります。アドインで、追加し使えるようにしてください。

 ツール・アドインを開きます。

分析ツールと分析ツール−VBAにチェックを入れ、OKします。

 標準のインストールでは、これらのチェックはすべて外されています。

エクセルには、自動リンクの機能があり、コピー・貼り付けしたりすると、元データにリンクしたままになることがあります。
通常は、貼り付ける際に「形式を選択して貼り付け」で「値のみ」にチェックを入れて貼り付けます。
しかし、データベースからインポートする場合は、これでは解消できず、このリンクが残ってしまい、思わぬトラブルの元になります。インポートしたデータは、項目名が太字になっているので、ここを右クリックします。

データ範囲のプロパティを開き、「クエリの定義を保存する」のチェックを外します。警告にOKして保存します。

97以降は、マクロを含むブックを開くときには、下のような警告が出ます。

この画面が出なくなり、常にマクロが無視されたり、逆に警告無しに開かれるようになることがあります。これは、ツール・マクロの中の「セキュリティ」の設定のためです。

 

「高」に設定すると、通常のマクロは無視されます。「中」では、上の警告が表示されます。「低」はすべてのマクロを自動的に開いてしまいます。マクロを利用したウイルス対策のために、このような設定が追加されましたが、マクロを使う環境では、「中」にしておきます。