セルの大きさを変える

★列の幅を変える

 列の幅を変えるには、列のルーラーの境界を左右にドラッグします。 
 行の高さも、同様に変更できます。列は縦に並んだ「セルの幅」・行は横に並んだ「セルの高さ」といいます。

★複数の列の幅をそろえる。

幅をそろえたい列のルーラー上を、白十字カーソルでドラッグして先ず選択します。(図は、C列からE列まで選択している。)
書式メニューで「列」・「幅」を選びクリックします。 行の場合は、同様に「行」・「高さ」を選びます。必ず、対象を選択してから、メニューを開きます。
 このような窓が開くので、数値を上書きし、OKします。セルの幅や高さの数値は、特殊な単位になっているので、あらかじめ、 一カ所だけ上のドラッグの方法で変更し、数値を読みとっておくと良いでしょう。

行や列を複数選択した後で、代表をドラッグしても全体を同じ幅・高さに指定できます。

★セルの文字の配置を変える

 「範囲内で中央」という指定は、先ず範囲を白十字カーソルをドラッグして指定し、ボタンをクリックする。
住所などのデータは、一つのセルにまとめず、3つ位のセルに分けて入力します。県名市名は、同じものが多いので、分けておけばまとめて 、コピー・貼り付けできます。また、宛名印刷するときも、行を分けて印刷できます。

このように、複数にまたがったセルに、項目名を入れるときにも、 「範囲内で中央」の指定を使います。(セル内での)中央配置と混同しないように。

★文字の特殊な配置

 

 左のような、文字の垂直方向の配置や、縦書き、列幅に合わせた折り返しなど、 ツールボタンにない特殊な書式も、書式メニューの「セル」で可能です。

 配置のタブをクリックし、左のようなページを開きます。ここでほとんどの設定ができます。


メニューへもどる