エクセルの「カメラ機能」を使う

カメラ機能とは

エクセルのシートは、ウインドウメニューの「分割」で、同じシート内なら別の場所に表示できます。この機能を、別のシートにまたがって使いたいというときに、「見えるだけ」という形式で実現するのが「カメラ機能」です。

カメラ機能を使う準備

便利な機能ですが、遠慮して標準で使えるようにはなっていません。使えるようにするのも、ちょっと面倒な手順を踏みます。先ず、メニューに、この機能を追加しないといけないのです。

 追加すると、このようなカメラボタンができます。無い人は、下のように準備してください。

1.ツール・ユーザー設定を開く。

2.コマンドのページを開き、
 左でツールを選択する。

3.右のツール一覧から、カメラを
 選択する。

4.これをドラッグして、エクセルの
 ツールバーの中に移動する。

移動直後は、黒枠が付いていて、ドラッグで場所を変更できます。
端のほうに置いておきましょう。

使い方

表示させたいシートの表示させたい部分を範囲選択します。そして上で作ったカメラツールボタンをクリックします。

次に、それをおきたいシートに移動して、+マークのカーソルを置きたい範囲にドラッグします。この大きさ・位置は後から変更もできます。ときかく、ドラッグして範囲を決めます。

置いた直後は、範囲が選択状態になっていて、ドラッグで大きさ・位置を変更できます。
セルの幅や高さに関係なく、シートの一部が切り出されて、図として張り付きます。選択を解除すれば、枠は消えます。

見えているのは図です!

従って、この中のセルやボタンを操作することはできません。しかし、セルの値が変更されれば、図も更新されて、見える値も変わります。図なので、大きさや位置が好きに変えられるのです。見えるだけですが、これは大変便利な機能です。


戻る