郵便番号ウィザード


エクセルで住所録を作る際に、郵便番号や住所を入力する便利なツールが用意されています。

■郵便番号辞書を使う
 1つは、IME(日本語入力)で郵便番号辞書を利用する方法です。7桁の郵便番号を入れて変換すると、該当する住所表示が出せます。この辞書は、初期設定では有効になっていないので、使う場合は設定が必要です。

MSIMEのアイコンをクリックして、プロパティ画面を表示します。(2000の場合はプロパティボタン・2002の場合はツールボタン)

辞書/学習のページを開きます。

ここの「郵便番号辞書」のチェックボックスがグレーになっている場合は、一度クリックしてチェックを消し、再度クリックして黒いチェックにします。

OKで戻ります。

これで、郵便番号辞書が有効になるので、全角のまま郵便番号を入力し、変換すると住所が出ます。

■郵便番号を入力して、別の列に関数で住所を表示する
 
じつはそのような関数はありません。次項で紹介する郵便番号変換ウィザードを使うのが一般的ですが、ここでは裏技として、ふり仮名関数PHONETICを使う方法を紹介します。IMEの郵便番号辞書を使うので、上の手順で設定しておきます。A列に郵便番号をB列に住所を表示する場合ですが、実際の入力はB列に郵便番号を入れます。これを変換で住所にしますが、読み(ふり仮名)が郵便番号になるので、A1には関数 =PHONETIC(B1) を入れます。

日本語入力にして、B1に郵便番号を入れて、変換します。

確定すると、この読みとして郵便番号がA1に入ります。

 A1に郵便番号を入れて、B1に住所が出るのではありませんが、実質的には郵便番号を入れて住所が出るようになります。

■郵便番号変換ウィザードを使う
 これは、エクセルのアドイン(追加プログラム)で、マイクロソフトのページからソフトをダウンロードしてインストールする必要があります。エクセルのバージョンによって、ソフトが異なるので、注意してください。

2000の場合は http://office.microsoft.com/japan/Downloads/2000/zipcode7.aspx
2002の場合は http://office.microsoft.com/japan/Downloads/2002/zipcd7xp.aspx
から、ダウンロードします。

 をWクリックしてインストールします。2000と2002と、ファイル名は全く同じです。

*エクセル97用のウィザードもあります。若干使い方は異なります。

 エクセル97の場合は、 http://office.microsoft.com/japan/Downloads/9798/xlzipcode7.aspx 

インストールしたら、エクセルを起動し、ツール・アドインを開きます。ここの、郵便番号変換ウィザードにチェックを入れます。OKをクリックして閉じます。

これで、郵便番号変換ウィザードが使えるようになります。

このウィザードは、郵便番号→住所だけでなく、住所→郵便番号の変換もできます。また、複数のセルを指定して、一括で変換できるので、IMEの辞書よりは便利です。

 ウィザードの使い方:
アドインの設定が終わったら、郵便番号(または住所)を入力して、ツール・ウィザードを開き、郵便番号変換をクリックします。3ステップのウィザードで完了します。次へボタンで進めていきます。

セルの範囲をドラッグで指定します。

完了ボタンをクリックします。

A1からA2にあった郵便番号から、B1・B2へ住所が入力できました。

ステップ1で、住所から郵便番号をクリックすれば、逆の変換もできます。

*このウィザードは、エクセル2000以降でしか使えません。

戻る