条件分岐の使い方の基本です。

If文の書き方

結構バリエーションがあるので気を付けてください。
基本形 if( 条 件 ) 命 令 ; の形になります。
条件は、==等しい・!=等しくない・>=以上・<=以下などの書き方があります。
条件が成立するときのアクションは{で挟んで記述します。}この中の文末に必ず;(セミコロン)を入れます。
elseを入れる場合  if( 条 件 ) 命令1 else 命令2;
命令が複数あるとき  if( 条件 ){ ; ; ;}else{ ;  ; ;}

条件が複数あるとき  かつ ( A && B )  または ( A || B)
 (括弧)は複数繋ぐことも出来ます。((A||B)&&C) AまたはBかつCのとき

switch・case文(複数分岐)

Basicのselect・caseにあたるものです。
switch(変数){case A:命令1;break;case B:命令2;break;・・・;break;}

:コロンと;セミコロンに注意。caseごとに;break;が必須です。

または、
switch(変数){
  case A:命令1;break
  case B:命令2;break
  default : 命令3
}
case else に当たるものはdefaultですが、これが無くても条件に当てはまらない場合は、命令Cを実行します。
また、breakが無いと次のcase分やdefaultの命令を実行します。

A・Bは、条件式でなく変数で書くので、 >0 のような記述はできません。
カンマで区切って複数の数値を書くことはできます。

forループ文

 Basicのfor i=0と10 〜 next i にあたるものです。
for(i=0;i<=10;i++){ ループ;  ;} となります。

next i は、i=i+1 ですが、C言語風に i++ と書きます。
同様に、 A=A+B は、 A++B です。

Doループ文

do{ ループ ;}while( 条件式 ); 条件式が満たされるうちは繰り返します。

do{ ループ ;}until( 条件式 ); 条件式が満たされるまで繰り返します。