持っていたい、無料で使えるGmail

  フリーメールと呼ばれる無料メールサービスはいくつかありますが、このGmailは最も優れていると思えます。Webメールとしてインターネットに接続したブラウザからログインして、旅先などで自分のPC以外からも接続できますが、OutlookExpressなどのメールソフトに設定して、popメールとしても使えます。Googleが提供しているもので、ログイン画面やメール本文にも広告は一切入りません。また、メールサーバーには7GB以上のデータを保存しておけます。多分この分量は一生分のメールを保存できるほどのものです。PCが壊れても、Gmailのデータはクラウドコンピューターに残っているので、新しいパソコンにもすぐ取り込めます。高性能な「迷惑メールフィルタ(後述)」を備えており、殆ど設定無しでフィルタをかけてくれます。Win坊は、いくつかのアカウントを持っていますが、いったんGmailに転送して、こちらでフィルタをかけてから受信しています。持っていない人は、是非取得して使ってみてください。

http://www.gmail.com でログイン画面に繋がります。
以前は、紹介が無いと登録できませんでしたが、今はこの画面から新規申込ができます。

 ユーザー名に、取得したメールアドレスの@以前の文字(アカウント名)を入れ、パスワードを入れるてログインします。
画面の下に、新規のアカウント作成ボタンもあります。

受信トレイは、基本的には、新着の未読メールだけ表示する方式です。読んだメールは、「アーカイブ」という処理をすると、「すべてのメール」のフォルダに移動します。コの他に、「迷惑メール」や「ゴミ箱」のフォルダがあります。ここは、30日間保存され、その後自動的に削除されます。


 

 「すべてのメール」フォルダには、数万通のメールが入っているので、必要に応じラベルをつけて種類ごとに管理できます。


 

「迷惑メール」のフォルダを開くと、自動で選別した迷惑メールがあります。実は、ここも時々監視する必要があります。というのは、コンピューターが判定した迷惑メールのなかに、迷惑ではないメールが処理される場合もあるからです。これをチェックして、「迷惑メールを解除」のボタンをクリックすると、以後は誤判定しなくなります。学習するまでは、チェックが必要です。


設定のページを開いて、転送やPOPメール(メールソフトで受信する)の設定ができます。
転送させる場合は、受信メールの転送先を指定し、転送後の設定を「アーカイブする」にしておくと良いでしょう。
POPメールの設定は、1で今後受信するメールを有効にし、同じようにアーカイブしておきます。

OutlookExpressの設定例

ポイントは、メールサーバー名と、ポート番号です。標準の25番と110番の指定を、465と995に変更します。

迷惑メールフィルタの設定

自動で間違いが出てしまう場合は、ここで手動で設定しておきます。設定・フィルタ・新しいフィルタを作成と進みます。

差出人や宛先・件名・キーワードなどを指定して、次のステップに進み、

「迷惑メールにしない」をチェックすると、その条件のメールは迷惑メールに判定されません。

迷惑メールに判定されてしまうのは、送信者に責任がある場合が多いですが、相手にそれを言えない場合もあります。そのような時は、From欄にその人にアドレス、または表示名を入れ、迷惑メールにしない設定をしておきます。

携帯から送ったりして件名をいれないまま送る人、添付ファイルをつけて本文を書かないで送る人、同じように「ここを見よ」とURLをいくつも本文に挿入する人、転送の転送を送る人など、一般的な迷惑メールの基準に適合するメールを知らずに送ってしまうと、処理されてしまいます。

だいたいは、一度迷惑メールを解除すると、以後は処理されないのですが、ときどき判定が復活したり、今までは届いていたのに、ある日から迷惑メールとされてしまうこともあるようです。判定の基準を明らかにすると、迷惑メールのDMを送る業者に悪用されてしまうので、正確な基準は知りようがありません。この処理が無いと、平均98%が迷惑メールといわれる時代なので、読みたいメールが埋もれて分からなくなってしまいます。自分ですべて設定する迷惑メールフィルタもありますが、手動でこれらを設定する面倒さを考えたら、このフィル多機能はありがたいものです。

受信トレイの下に、すべてのメールや迷惑メールなどのリンクが隠されている場合は、設定の「ラベル」の項目を開いて、表示をクリックして下さい。最近、これらのフォルダが自動で非表示になっていることがあります。ここを開いて、不要なものを削除するユーザーに対し、削除しないで欲しいと言う要望でしょうか?確かに、ごみ箱なども削除しなくても十分な容量があり、これらをデータにして情報を収集しているので、Gmailにとってはごみや迷惑メールも必要なのかもしれませんが。


戻る