カラオケも作れる音声データ編集ソフト

GoldWaveというカナダのシェアウェアです(55カナダ$・約40$)。大抵のことは、Windowsのサウンドレコーダーや、Windowsムービーメーカーでもできますが、これは更に高機能な本格的なソフトです。

CDなどから録音したMP3などの音楽データを、歌手の声だけ除いてカラオケデータを作ることができます。これは、ステレオ音源の2chを比較して、同じ位相で入っている音声データ(通常は歌手の声は中央に聞こえる)を抜き出し、これを削除してカラオケデータを作るものです。こういう機械も売られていますが、これはパソコンで行うものです。

File>Openで、音楽データを開きます。

 

右上のReduceVocalsボタンをクリックし、下の画面をそのままOKします。

通常は、この操作だけで良いのですが、ボーカルの入る部分だけ範囲指定してReduceVocalsボタンをクリックすれば、前奏や間奏部分をそのままに出来ます。このreduce機能は、音声周波数の間でカットしますが、中央に定位する伴奏楽器の音も削られるので、若干音がおかしくなります。範囲指定は、右端と左端に隠れている線をドラッグして指定します。

 

右上のコントロールウインドウで、緑三角などをクリックして、実際に聞きながら範囲指定できます。

ダウンロードサイトへは、 http://www.goldwave.com/release.html をクリックしてください。

ダウンロード後、のアイコンをWクリックし、インストールします。
  ができたらダウンロードしたファイルは削除します。料金を支払う前の段階では、機能は1/10くらいに制限されていますが、カラオケ機能は試せます。原理上、ボーカルを完全に消すことは出来ませんし、デュエットなど左右に定位する音声には効果がありません。

ここに、サンプルの一部を置きましたので、実際に聞いて見てください。 サンプルデータ(144KB・wma)