高機能PDFファイルビューワー (文字や図の追加もできる)

 PDFファイルは、PCではほぼ標準のものになっています。ドキュメントを紙に印刷して配布すれば、渡された側では見るだけで編集はできません。デジタルファイルでこのようにするのがPDF形式です。編集や内容の再利用を防ぐために、多く利用されています。この形式に保存するには、adobe(アドビ)社のAcrobatというソフトが必要ですが、見るだけなら無料配布されているAcrobatReaderを使います。AcrobatReaderが標準ですが、頻繁に行われるバージョンアップで、ついでに余分なソフトを入れてしまったり、アップするたびに巨大なファイルをインストールすることになり、起動が遅くなるなどのトラブルも多いものです。PDFの本家はAdobe社ですが、標準化されるにつれ、PDF化するソフトも他社製のものが安く(一部は無料)発売されるようになって、この形式を使うケースも増えています。
 特に多いのが、申込書などのフォームをPDF形式でダウンロードさせ、これを紙に印刷して書き込んだものを、郵送またはfaxで送らせるという使い方です。枠があるのだから、ここに書き込めれば・・と思いますが、PDFは書き込みなども含め編集はできないものなのです。どうしてもやりたい場合は、PDF文書を画像としてワードなどに取り込み、テキストボックスなどを貼り付けて書き込むことしかできません。「できない」ことをするには、面倒な作業をしなければならないので、こういう質問には「それはできません。PDFはそれをさせたくないときに使う形式なのですから」と答えていましたが、とうとうそれができるソフトが登場しました。

 PDFファイルに、文字や図を追加して編集できるもの、それが PDF-XChange Viewer です。しかも、無料で日本語化もされています。これを半信半疑で使い始めましたが、今ではAcrobatReaderをやめて標準のビューワーとしても使うようになりました。起動スピードも速く、編集機能も多様です。
 ダウンロードは、窓の杜でも検索できます。本家のサイトは英語ですが、詳しい説明もあるので、覗いてみて下さい

 空欄に文字を書き込むには、タイプライターというボタンをクリックします。ここで日本語を打つと、最初は別ウインドウに文字が表示されますが、確定すると枠内に入ります。あとから位置なども調整できます。また、矢印や○・□なども入り、スタンプも押せます。上書き保存すれば、追加文字が入ったまま保存できます。こちらを標準のビューワーにするには、編集・環境設定・ファイルの関連付けのページで、上のボタンをクリックします。

  →アイコン 起動アイコン→

 こちらを標準にした場合は、PDFファイルのアイコンは右のように変わります。ちょっとグロテスクなアイコンですが、便利さはお勧めです。

オリジナルも作れるスタンプ機能

 

PDF文書に、スタンプ画像を貼り付けて保存できます。無料バージョンにも、オリジナルスタンプの作成が可能です。
スタンプパレットを表示し、ここで左の追加ボタンをクリックし、左の追加ボタンでNewCollectionを作成し、右の追加ボタンで画像を指定します。

 画像は前もって作成しておくことが必要です。
背景色の透過は、gifの透過ではだめなようで、png形式の透過で作成する必要がありそうです。これで印影を作っておけば、回覧の署名もできます。

注意:編集できるといっても、書かれている文字を書きなおしたりすることはできません。それができてしまったらPDFでは無くなってしまいます。あくまで追記できるだけです。
ビューワーとしての機能は、AdobeReaderの最新版にも劣りません。それでいて、サイズは小さく軽く動きます。


戻る