インターネットからの支払い法(海外版)

 シェアウェアは、使って見て気に入ったら料金を支払うことが原則です。支払うまでは、機能が限定されたり、スポンサーのページが表示されたりして、そのまま使い続けることがしにくくなっています。まぁ、これは当然のことでしょう。気に入らなかったら使わないことです。気に入って使い続けたい場合、料金を払って登録すると、バージョンアップ情報などのサービスが受けられます。海外の製品だと、支払いの画面も英語なので、ちょっと戸惑いますが、インターネットとカードがあれば、スピーディーに確実に支払えます。

 このときの、基本注意を紹介します。

1.支払うべき対象をきちんと指定すること。購入申し込みのページには、他にもいろいろな商品が紹介されています。どれを購入するのか・それがいくらなのか、しっかり確認しましょう。

2.カードを手元に用意し、その種別・カードの番号・登録者の名前(ローマ字表記)・有効期限・などを確認しておきます。このときに、カードの裏の署名欄に、4桁×4のカード番号のほかに3桁程度の余分な番号が印刷されているのを確認してください。これは、機械では読み取れない署名番号(CVV2 Code)です。これの入力を求められる場合があります。有効期限は、mm/yyの形式で、月/年になります。カードの表記のままです。

3.メールアドレスは必須なので、間違えないように控えておきます。支払い後に、登録パスワードなどがメールで送られてきます。

4.Address(住所)情報は、ZIPCode(郵便番号)程度で、後は正確である必要はありません。State(州)などの選択肢に日本の住所などありませんが、other(その他)を選ばないとエラーになることがあります。エラーの画面が出ても、あわてずにどの欄を入れて欲しいのか確認し、追加すれば先に進めます。当然ですが、日本語入力はできません。

入力画面の例

5.オーダー完了の画面は、すぐに消さずに、印刷するか保存しておきましょう。ブラウザのファイルメニューから「名前をつけて保存」を選びます。全部読めなくても良いのですが、有料版への切り替え方法は確認してください。その中にパスワードなどが表示される場合があります。また、登録の手順や、正式版のダウンロードのリンクが表示されている場合もあります。正式版をダウンロードしなおさないといけない場合は、すぐにやっておきましょう。正規版への切り替え法は、だいたい以下の3つのパターンです。

1.正規版のダウンロードページに進んで、ここからDLする。

2.フリー版のメニューの中に、登録メニューがあり、ここに指定されたパスワードを入力する。

3.登録専用のプログラムをダウンロードし、このプログラムを実行する。(PDF955がこのパターン)

あわてて購入する必要はありません。使い方をある程度練習して、気に入ったら購入を申し込んでください。

▲戻る