インターネットが繋がるのは

 Win坊への質問で、最も多いのが「インターネットが繋がらない」というものです。繋がらないときの質問の答えをインターネットに載せても意味がない、と思いこの質問には電話で答えていました。しかし、相変わらずこの質問が来るので、この項目を載せることにしました。初めて設定して繋がらないというのでなく、今まで見えていたのに急に見えなくなった、という場合です。

  プロバイダー契約

インターネットというネットワークに接続するには、自分のコンピューターにインターネット用のアドレスと名前を付けなくてはいけません。アドレスは、通常は一時的に借りて付けます。借りるための契約がプロバイダーとの間で必要になります。このとき、ユーザーIDとこの認証のためのパスワードが必要です。自分がどこのプロバイダーと契約して、何というIDで接続しているのか、それを使うためのパスワードは何か確認して下さい。
これらが間違っていれば、繋いでもらえません。会費の支払いが滞り、メンバーから外されていれば、IDパスワードは無効です。

  接続回線

ネットワークに繋ぐ線は、専用線を自宅に引いたのでなければ、電話回線で繋ぐことになります。最近は、CATVのケーブルや、試験的に電力線(電灯線)で繋ぐ方式も出てきています。これらはある意味専用線ですので、回線のトラブルは契約業者に確認するしかありません。電話回線で繋ぐ場合を、ダイヤルアップ接続といいます。ADSLは電話線を使いますが、回線は使いません。つまり、接続時にどこかに電話をかけることはしません。繋がりっぱなしです。この場合のトラブルも、ADSL業者への確認がすべてです。以下の説明は、電話回線を使った「ダイヤルアップ接続」の場合です。

  1.ダイヤルするかどうか?

パソコンには、電話線に繋いでダイヤルし、音で信号を送る「モデム」という装置があります。通常は内蔵されていて見えませんが、ISDN回線で接続する場合はTA(ターミナルアダプタ)というモデムが本体に繋がっています。この機械で、プロバイダーに電話をかけます。このときモデムからダイヤルの音がしたり、TAの場合はランプが点滅します。ダイヤルしなければ、接続はしません。当然、インターネットは繋がりません。

ダイヤルしない
 電話線が外れているか、モデムが故障している場合があります。
ダイヤルしているか分からない
 以下の方法で、モデムをチェックします。
 スタート・プログラム・アクセサリ・通信の「ダイヤラ」を起動します。

 これで、ボタンをクリックして携帯電話など、かかったことが分かるところに電話します
 ベルが鳴れば「ダイヤルした」ので、この項目は合格です。
すぐに切ってダイヤルアップネットワークからの接続へ進んでください。

ダイヤルしない場合は、モデムのチェックをしてみます。コントロールパネル・モデムを開きます。検出結果のページを開き、モデムを選択して「詳細情報」のボタンをクリックします。右下の結果は、モデムが壊れている場合です。白い枠内に、文字が表示され、いくつかOKがあれば、モデムは正常です。この場合は、電話線が来ていません。線を交換する・差し込む場所を変えるなどして、電話線を繋いでください。

 

モデムは正常なのに、ダイヤルしない場合は
 電話の契約を変えませんでしたか?ダイヤル方式には、トーンとパルスがあり、回線契約によって異なります。異なる回線から繋ぐ場合は、ダイヤル方式を正しく設定しないと、モデムは電話をかけられません。
変更は、上のページで全般を開き、ダイヤルのプロパティ・ダイヤルの方法で行います。

  2.ダイヤルアップネットワークから接続できるか?

モデムに問題がなければ、マイコンピューター・ダイヤルアップネットワークを開きます。ここに契約プロバイダーへの接続があるはずです。そのアイコンをWクリックして開きます。内容を確認して接続ボタンをクリックします。内容とは、ユーザー名・パスワード(実際には***で見えない)・パスワード保存のチェック(保存していない場合はその都度入力する方式を選んでいるはずです)、それとダイヤル先の番号です。これらが分からないのでは、インターネットは繋がりません。契約書を確認してください。

 

途中で、ダイヤル中・ユーザー名・パスワード確認中・などメッセージが出ます。このどこかで止まったら、そこの設定がおかしいことになります。

 

すべて通って、下の画面が出たら接続できています。インターネットのアイコンから起動してください。右下のタスクトレイに接続を示すアイコンが点滅し、すべて見えるはずです。それでも、インターネットのアイコンから接続できない場合は、ダイヤルアップのアイコンが複数あり、正しくないものが入っています。これらを削除して下さい。

これらの設定内容は、途中で変わることはありません。インターネットからダウンロードして、不正なダイヤルアップが作成され、これを使う設定に変えられてしまった場合、覚えのない代金請求者が来たりします。

接続できません となる場合は
正しいはずのダイヤルアップが接続できません、になるのは電話番号が変わっている場合があります。古い電話番号が変更になったりするときは、メールで連絡がが来ます。これらを見落としていると、使われていない番号にかけているしまうことがあります。番号を変えてみて下さい。市外局番の異なる地域に引っ越した場合も、番号は変えなければなりません。

ユーザー名・パスワードの再入力を求められた場合
 IDを確認して下さい。打ち直す場合は、大文字小文字の区別を正確に、契約書通りに入れます。そもそも、IDが違っているということは、ダイヤルアップネットワークそのものが別のものである場合が多いのです。直す前に、不要な接続アイコンを削除して、正しい接続アイコンでやり直して下さい。

 接続が完了したのに、何も見えない場合は

ダイヤルもし、接続もしているのに、「表示できません」となってしまう場合は、ダイヤルアップネットワークのアイコンを右クリックし、プロパティを確認します。サーバーの種類で使用できるネットワークプロトコルがTCP/IPだけになっていることを確認します。詳細オプションのチェックはすべて外します。

 

TCP/IPの設定をクリックし、中段の「ネームサーバーアドレスを指定する」を確認します。
通常は右上のように、「サーバーが割り当てたネームサーバーアドレス」で良いのですが、プロバイダーの契約書に記載があれば、指定するにチェックを入れ、プライマリーとセカンダリの4つずつの数字を入力します。IPアドレスではないので注意して下さい。

 それでもダメな場合は

一度パソコンの電源を切って、コーヒーでも飲みましょう。再び、電源を入れて試してみます。案外、これで直ることもあります。それでもダメなら、覚悟して下さい。

プロバイダーに接続していて、ネームサーバーアドレスも入れ、それでも「表示できません」となる場合は、ソフトウェアの故障です。コントロールパネルのネットワークを開き、TCP/IPを削除し、再起動、その後プロトコルの追加で、マイクロソフト・TCP/IPを選んで追加します。再び再起動し、やり直して下さい。

それでもダメなら、インターネットエクスプローラーの再インストール・それでもダメなら、Windowsそのものの再インストールになります。パソコンのOSが壊れてしまった、ということになります。


戻る   ○次へ