Windowsの終了

windowsパソコンは、電源スイッチを手動で切ることはできません。スタートボタンをクリックし、メニューの最下段の「Windowsの終了(U)」をクリックし、ダイヤログボックスのOKボタンをクリックします。 電源を切れる状態にする(S)に黒丸(チェックマーク)があれば、OKをクリックした後、数秒で自動的に電源が切れます。

 起動に比べればあまり時間はかかりませんが、本日の作業を日誌に書き込み、高速回転している記憶装置(ハードディスク)の回転を制御し、安全を確かめてから電源を落とします。せっかちなユーザーが、準備ができないうちに電源を切ってしまうことを防ぎ、人間に操作させないようにしています。

左は終了画面:最近の機種は、この画面が見えるのはほんの瞬間になった。

 windowsが記録している日誌は、レジストリファイルという大変重要なもので、windowsの命とも言えるものです。起動の際にこれを読み込み、終了時のwindowsと同じ状態で起動するのです。このため、レジストリファイルは2つ用意されており、常にその前のものと現在のものと残しています。この記録に異常があったときは、予備のものを使って起動しますが、これも壊れてしまうと「windowsが立ち上がらない」という事態になります。最悪はwindowsの死亡、ということになります。直すことはできますが、今までのものはすべて消失します。
 Windowsの終了も、ジャンボジェット機の着陸にも似た危険を伴います。

終了ではない終わり方:
いったんパソコンの電源を切ると、再び起動するのに時間がかかります。そこで、電源をほとんど使わないでパソコンを冬眠させる擬似的終了があります。

スタンバイ 終了のオプションでスタンバイを選ぶと、モニターやハードディスクなど電気を多く食う部分を停止してストップするモードに入ります。この状態から戻るには、キィボードかマウスを触ります。USBマウスの場合、動かしても復帰しないことがあるので、キィボードのスペースを押して目覚めさせる方が確実です。ノートパソコンは、しばらく触らないでいると自動的にこのモードに入ります。切れていると思ってスイッチを押さないように気を付けてください。

休止モード WindowsMeから追加されたオプションです。起動している状態をそっくりハードディスクに書き写して、完全に電源を切ります。戻るのは、通常の起動と同じように電源SWを押します。ウィンドウを開いたまま終了しても、同じ状態で復帰します。しかし、この機能はちょっと怖いです。というのは、Windowsは終了していないので、起動していた状態をそっくり引き継ぎます。Windowsには49日間つけっぱなしにしているとハングアップする、という有名なバグがあり、この終了を繰り返していると、一度も終了しないまま使うことになります。1日1回は、正常な終了をして精算しておいた方が安全です。

●戻る   ○次へ